【三大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂肪)にビタミン、ミネラルを加えた5つを五大栄養素と言います。いったいどんな成分なんでしょうか?】


タンパク質
筋肉など体を作る材料になります。体の中でアミノ酸に分解されて吸収されることになるので、たくさん摂ることはアミノ酸をたくさん摂ることにつながるのです。

炭水化物
体を動かすためのエネルギーとなります。不足すると力が出なくなったり、集中力が途切れがちになります。使われなかった炭水化物は体脂肪として蓄積されます。

脂肪
特に長時間にわたるエネルギーの消費の際に使われます。体の様々な機能にかかわっています。

ビタミン
・Aは、視覚機能や皮膚を正常に保つ働きをもっています。
・Bは、たんぱく質や炭水化物の利用、成長促進の働きをもっています。
・Cは、精神的・肉体的なストレスを和らげる働きがあります。
・Dは、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。
・Eは、細胞の働きを正常に保つ働きがあります。

ミネラル
骨のカルシウム、赤血球の鉄など、体の材料となったり、体の働きを整える機能をもっています。

水分
五大栄養素に含まれませんが、欠かせない栄養素です。体温の調節や、物質の運搬をスムーズに行う機能があります。



▲戻る