2日酔いの原因と対処

◆ 楽しいお酒も気分が悪くなってしまっては大問題。もちろん飲酒はあくまで適量を保つことが必要ですね! ◆

・原因

お酒を飲んだあと、約20%のアルコールは胃の中で吸収され、残りは腸内でゆっくりと吸収されます。さらに肝臓まで送り出され、無毒の酢酸と水に酸化分解します。しかし、肝臓は一時間に54ccのアルコールしか処理できないので、これよりも多いと、大脳を主とする各臓器に害を与え、二日酔いを起こしてしまいます。

・対処

冷や水を多く飲むことは二日酔いを治す基本原則なのです。水は血液中のアルデヒドの濃度を薄め、尿とともに体外へ排出させることができます。ちなみにお茶とお酒の成分は基本的に融合し和えません。


▲戻る